30代 40代 カラーストーン リング

欲しいが見つかる!プロが教える天然石リングブランド30選!

 

最近インスタやおしゃれさんの間で人気の天然石リング!

天然石リングブランドは、

似ているブランドもあれば個性が強いブランド、コスパのいいブランドたくさんです!

今回はジュエリーバイヤー歴9年の筆者が、

いろんなタイプ別に天然石リング、カラーストーンリングブランドを30ブランド!

紹介していきます!

 

 

 

 

この記事で知れる内容

1.定番!日本で有名な天然石リングブランド3選!

・2.価格重視!安くて可愛い天然石リングブランド6選!

・3.シンプル!天然石の魅力満載のシンプルリングブランド5選!

・4.ファッション感度の高いおしゃれ天然石リングブランド10選!

・5.憧れ!高級天然石リングブランド6選!

 

 

1.定番!日本で有名な天然石リングブランド3選!

はい!というわけでまずは天然石リングの定番ブランドですね!

さくっといきます!

 

 

①agate

引用元:agate公式サイト https://agete.com/

agate(アガット)ってどんなブランド?

  • 創業:1990年 日本
  • 店舗数:79店舗
  • 中心価格帯:2万円代~4万円代
  • インスタフォロワー数:150,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:60点(ONLINESHOP2020年5月時点)
  • 主な買える場所:主要百貨店、OIOI、LUMINEなどファッションビル、A&Sオンラインショップ

天然石リングブランドのなかでもタイプ的には、アンティークジュエリーの雰囲気があり、

価格帯も手ごろなものが多く、手が出しやすいものが多いですね。

ルビーやサンゴやオパール、ラリマーなどの比較的めずらしいカラーストーンアイテムも手ごろな価格

このあたりのストーンの大きめのアイテムなどは特におすすめ。

豊富なカラーストーンのラインナップとシンプル過ぎないデザインで、

多くのファンがいるブランドです。

 

 

 

②veretta 8va

引用元:festaria公式オンラインショップ https://www.festaria.jp/

veretta 8va(ヴェレッタオッターヴァ)ってどんなブランド?

  • 店舗数:3店舗
  • 中心価格帯:6万円~10万円代
  • インスタフォロワー数:823人(新宿店舗のインスタアカウント2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:9点(ONLINESHOP2020年5月時点)
  • 主な買える場所:伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店、日本橋三越本店、festaria公式オンラインショップ

ジュエリーの定番ブランドともいえる、festariaが展開するブランドの一つです。

festariaはダイヤアイテムが多いですが、veretta 8vaは天然石リングが多いです。

デザイン的には天然石の周囲にメレダイヤを配置した、昔からある定番のデザインがが多く、ほとんどがシンプルです。

意外にこの定番の天然石ネックレスをきちんと展開しているブランドは少ないので貴重です。

軽めのアクセサリーというよりは価格帯も少し高めで、本格ジュエリー寄りです。

シンプルな定番デザインの天然石、カラーストーンリングや、初めて天然石アイテムを買おうと思っている人におすすめです。

 

 

 

③Ponte Vecchio

引用元:Ponte Vecchio公式サイト https://www.pontevecchio.jp/

Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)ってどんなブランド?

  • 創業:1981年
  • 店舗数:23店舗(海外店舗除く) 取扱店22店舗
  • 中心価格帯:8万円代~20万円代
  • インスタフォロワー数:12,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:55点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:全国主要百貨店、BIJOUPIKO、Ponte Vecchio公式オンラインショップ

天然石リングブランドのなかでも高級な本格ジュエリーの部類に入ります。

百貨店でよく見かかけることがあるので、知名度も高く、日本の定番ジュエリーブランドにも数えられます。

なんといっても特徴はブランドの顔ともいえる、エテルノシリーズ(上の画像にも出ているもの)

細かいメレサイズ(1㎜前後の石)のカラーサファイアを、ブランド独特なカラーセンスできれいにパヴェセッティングしているデザインは、

他ではなかなか真似できない、オリジナル要素と、高級感を兼ね備えています。

カラーサファイアの仕入れは筆者もバンコクまで良く行っていましたが、なかなか良い色に合うのは難しく、

比較的濃い色合いはそろいますが、特に淡いトーンのマルチカラーは揃えるが難しく、ポンテヴェキオではきれいな淡いトーンも揃えているので素晴らしいです。

 

 

・2.価格重視!安くて可愛い天然石リングブランド6選!

 

 

④odul

引用元:odul公式オンラインショップ https://shop.odul.jp/

odul(オジュール)ってどんなブランド?

  • 店舗数:オンラインショップのみ
  • 中心価格帯:¥3,900~¥7,900
  • インスタフォロワー数:25,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:64点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:百貨店でのPOPUPSHOP、公式オンラインショップ

トルコ語で〝ご褒美〟という意味を持つodulですが、

百貨店でのPOPUPを頻繁に行っておりますが、トレンドデザインであるのと、価格が手ごろなのもあり、

売り場には年末年始のバーゲンセールのごとくわんさか人が群がっています。初めて見たときは驚きました。笑

オンラインショップでは人気デザインはすぐ売り切れになってしまうこともある人気ブランドです。

出来上がったリングを海外買い付けしているようですが、

元バイヤー目線で言うと、海外の見本市などに行くとよく見かけるタイプではありますね。笑

シルバーにゴールドメッキで高級感には欠けるものの、ちゃんとした天然石を使用しているので、

〝天然石リングのトレンドを手軽に味わいたい人〟〝重ねつけで天然石リングを楽しみたい人〟におすすすめです。

 

 

 

⑤sowi

引用元:sowi公式オンラインショップ https://www.sowi.jp/

sowi(ソーイ)ってどんなブランド?

  • 創業:1981年 ブランドスタート:2008年
  • 店舗数:2店舗
  • 中心価格帯:1万円代~3万円代
  • インスタフォロワー数::8,095人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:56点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:sowi代官山店、sowi大阪南船場店、BEAMS、AMAZONZOZOTOWNsowi公式オンラインショップ

アンティークスタイルジュエリーを得意とするROKUZANが展開する、ジュエリーブランドで、

同じくsowiもアンティークスタイルのジュエリーが多いです。

代官山に直営店があり、ジュエリー店っぽいというよりはオシャレな雑貨屋さんっぽい雰囲気で、入りやすいお店です。

タイに自社工場をもつため、

幅広いストーンの展開と、手の届きやすい価格帯を実現しています。

リングに関しては基本的にはシンプルですが、若干アンティークの雰囲気もあり、

ルビーやターコイズなど高級石でもコスパがよく、かなりおすすめです。

 

 

 

⑥Fruitsjolie

引用元:Fruitsjolie公式オンラインショップ https://www.fruitsjolie.com/web-shop.html

Fruitsjolie(フリュイジョリ)ってどんなブランド?

  • 店舗数:2店舗 取扱店舗9店舗
  • 中心価格帯:1万円~2万円
  • インスタフォロワー数:12,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:58点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:BEAMS HOUSE、Fruitsjolie Tokyo office、Fruitsjolie Nagoya atelier、Fruitsjolie公式オンラインショップ

カット石(面が多くキラキラした石)よりも、

カボッションカット(丸い表面で石の光沢とか模様生かすカット)の天然石リングが多いですね(ちょうど上の画像のような)

カラーストーンの種類が豊富ですが、ルビーやエメラルドなどの高い天然石は少なく、

半貴石(比較的安い石)1粒の非常にシンプルなリングが多いです。

丸くコロンとしたカットのカラーストーンがが可愛いとウケていて30、40代の流行に敏感な人に人気です。

デパートのPOPUPSHOPでも毎度、人気で比較的高い売上をたたき出していて、デパートバイヤーからの評価も高かったです。

 

 

 

⑦ARTIDA OUD

引用元:ARTIDA OUD公式サイト https://www.artidaoud.com/

ARTIDA OUD(アルティーダウード)ってどんなブランド?

  • 店舗数:オンラインのみ
  • 中心価格帯:2万円代~5万円代
  • インスタフォロワー数:50,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:81点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:公式オンラインショップ、ZOZOTOWN

先に紹介しているagateを運営するSAZABYのブランドの一つです。

店舗を持たないことによって、コストを省き、ハイクオリティな商品を適正価格で提供するとのことが公式サイトには書いてありますが、

元バイヤー目線でみても確かに安い!安いだけの安物アクセサリーという感じもなく、

デザイナーズジュエリーのような個性のあるデザインと雰囲気も楽しめます。

ラフカット、スライスカット(面が少なく輝きは抑えめだが透明感があるカット)の天然石を使用しているので、

リングを手に付けたときに出っ張りを感じにくいのも普段使いにいいですね。

18金ではなく、シルバー製ということを除いても十分コスパがいいですね。

天然石の周囲にメレダイヤ(1㎜前後のダイヤ)を配置したデザインが多いですが、

ダイヤに関してはブラウンカラーで質は劣りますが、アンティーク風なデザインには逆に合っています。

〝デザイナーズジュエリーを気軽に楽しみたい方〟〝海外高級アンティークジュエリーのような雰囲気を楽しみたい方〟に非常におすすめのブランドです!

 

 

 

⑧BIZOUX

引用元:BIZOUX公式サイト https://www.bizoux.jp/

BIZOUX(ビズー)ってどんなブランド?

  • 店舗数:7店舗
  • 中心価格帯:¥11,800~¥100,000
  • インスタフォロワー数:37,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:200点以上(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:BIZOUX自由が丘店、銀座店、新宿店、大阪店、名古屋店、神戸店、仙台店、公式オンラインショップ

今まで紹介してきたブランドの中でもっともコスパが良いと思います。

18金素材のカラーストーンリングで3万円代とかもあるのでびっくりです。

上記で紹介した、PonteVecchioの〝エテルノ〟シリーズに似た、てかぱっと見は同じ〝ブーケ〟というシリーズがあるのですが、価格もだいぶ控え目です。

シンプルな1粒リングや定番デザインも豊富にそろえているので、

とにかくカラーストーンのリングが欲しい〟〝初めてだから色んな種類から吟味したい〟〝重ねづけ用のリングが欲しい〟〝価格も抑えたい

人にはぴったりだと思います。

 

 

 

⑨TSUTSUMI

引用元:TSUTSUMI公式サイト https://www.tsutsumishop.jp/shop/

TSUTSUMI(ツツミ)ってどんなブランド?

  • 創業:1962年 日本
  • 店舗数:160店舗
  • 中心価格帯:1万円代~5万円代
  • インスタフォロワー数:8039人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:200点以上
  • 主な買える場所:全国イオン系商業施設(イオンモールなど)、公式オンラインショップ

天然石リング、カラーストーンリングもかなり豊富に揃えています。

かなり老舗のジュエリー店で、作りや素材に関しても文句なく、とにかくコスパが最高にいいブランド。

ブランドというよりは〝昔からある宝石屋〟というイメージも。(最近はサイトの作りやインスタ投稿などをみるとブランドっぽさも感じます)

トレンドを感じるデザインから定番まで幅広くそろえているのと店舗も全国幅広く展開しているので、

とにかくカラーストーンのリングが欲しい〟〝店舗で見てみたい〟〝重ねづけ用のリングが欲しい〟〝価格も抑えたい人におすすめです。

 

 

 

 

・3.シンプル!天然石の魅力満載のシンプルリングブランド5選!

 

 

⑩mi luna

引用元:mi luna公式サイト https://miluna.shop/

mi luna(ミルーナ)ってどんなブランド?

  • 創業:2019年
  • 店舗数:オンラインのみ
  • 中心価格帯:3万円代~5万円代
  • インスタフォロワー数:7778人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:43点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:コメ兵青山店(POPUPのみ)、公式オンラインショップ

天然石リングブランドでもかなり最新のブランドで、

リユース事業大手の〝コメ兵〟月間1億人以上に閲覧される人気メディア〝スマートメディア〟がタッグでスタートしたブランドです。

まず大きな特徴としては〝D2Cブランド〟ということですね。アパレルではすでに注目のビジネスモデルですが、

メリットとしては、製造者が直接お客さんに販売するため、コストがかからず、その分商品の値段が安くなるという点ですね。

野菜っで言ったら、農家が直接お客さんに野菜を売るみたいな感じですね。笑

さらにめずらしい点として、コメ兵で買い取った天然石を厳選して使用しているという点です。

バブル期の大ぶりなでギラギラのジュエリーとかはデザインそのまま使えない人が多く、

コメ兵含め、リユースショップに持ち込まれることが多いですが、そういうものから天然石を使用しています。

ある意味、リフォームジュエリーに近いですね。

筆者は実際に製作もやったり工場との取引もしていたので、

物と素材がわかればだいたいどのくらいの値段でできたものなのかわかりますが、

確かに値段は他ブランドに比べ、ものに対して低価格でコスパはいいですね。

デザインとしては大ぶりでシンプル。キラキラとしたカットストーンが魅力的で、高級感があります。

〝トレンドデザインで天然石の質の高いものがいい!〟〝安かったらなお良い!〟って人におすすめです。

補足:D2Cブランド=製造者が直接消費者に販売するブランドのこと。中間費用が掛からないため値段が手ごろなのが特徴。ファクトリーブランドとも言ったりします。

 

 

 

⑪cloche

引用元:cloche公式サイト http://www.cloche.co.jp/

cloche(クロチェ)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2007年
  • 店舗数:3店舗
  • 中心価格帯:¥23,000~¥60,000
  • インスタフォロワー数:インスタフォロワー数:5410人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:
  • 主な買える場所:松屋銀座店 伊勢丹新宿店 ジェイアール名古屋タカシマヤ

デザイナーが自ら天然石、カラーストーンを買い付けており、

天然石、カラーストーンの種類は豊富で半貴石(簡単に言うと値段が安い石)~貴石(簡単に言うと値段が高い石)までたくさん揃えているので

色んな天然石から選びたい人におすすめですね。

安めの石(クォーツやプレナイトなど)は10金、高めの石(エメラルドやベリルなど)は18金というように、

良い素材は良い素材で組み合わせています。

〝シンプルだけどちょっとオリジナリティが欲しい〟〝特別感が欲しい〟〝存在感があるリングが良い〟人におすすめです。

 

 

 

⑫MARULAB

引用元:MARULAB公式サイト https://www.marulab.com/index.html

MARULAB(マルラボ)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2007年
  • 店舗数:2店舗
  • 中心価格帯:5万円代
  • インスタフォロワー数:342人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:オンラインショップ現在準備中
  • 主な買える場所:Ame blanche(東京)、伊勢丹新宿店 、公式オンラインショップ

スタイリストなどファション関係者にも人気の高い、セレクトショップAme blancheでの取り扱いがあり、

スタイリストにも人気の高いブランドです。

18金、10金のセミオーダーをメインに豊富なカラーストーンリングを展開しています。

10金、18金素材にしては値段も相応な感じですね。

ラリマーやスーパーセブンなど珍しい天然石の取り扱いもあり、大ぶりでコロンとしたフォルムの天然石リングが人気です。

シンプルなデザインが多いが、リングの腕部分にハンマーで叩いたようなテクスチャーをつける〝ハンマリング加工〟が施してあるなど、

デザインにもこだわりが感じられるますね。

 

 

 

引用元:MONAKA公式サイト https://monakajewellery.com/index.php

MONAKA(モナカ)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2012年
  • 店舗数:2店舗 取扱店20店舗(海外含む)
  • 中心価格帯:4万円代~10万円代
  • インスタフォロワー数:19,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:83点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:MONAKA青山店、伊勢丹新宿店、TOMORROWLAND、drama H.P.France、公式オンラインショップgigiオンラインショップ

デザイナーが、

〝宝飾品としての天然石〟〝鉱物好きとしての天然石〟

2つ視点から集められた天然石をセレクトしています。

具体的に言うと、

きれいにカットされたモルガナイト、パライバトルマリンなどの宝飾品としての魅力が高い高級天然石や、

ラフカットの自然な風合い残る、アメシストやバイカラーのストーンなど、鉱物好きに刺さりそうなものを展開していますね。

デザインとしては基本シンプルですが、天然石の形がめずらしいものが多く、おそらく1点ものが多いはずです。

天然石の内包物(石の内部に見える気泡や斑点など)も石の魅力として捉えていて、天然石そのもの魅力が感じられます。

他ブランドよりもリング腕部分は石の大きさにに対して細めで、手作りの風合いが残るテクスチャーや形が魅力です。

東南アジアのジュエリーデザイン、いわゆるオリエンタルなジュエリーをより日本人好みにデザインされているなと筆者は感じますね。

18金製のリングが多く、さりげない高級感も感じられるので、

〝天然石そのものの魅力を感じたい方〟〝デザイナーズジュエリー好きな方〟〝高級素材をさりげなく普段にとりいれたい方〟におすすめです。

 

 

 

⑭AS_LABO

引用元:AS_LABO 公式サイト http://as-labo.jp/

AS_LABO (アズラボ)ってどんなブランド?

  • 店舗数:agate3店舗で取り扱い
  • 中心価格帯:2万円代~6万円代
  • インスタフォロワー数:1560人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:20点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:agate京都バル店、agate肥後橋店(大阪)、agate神戸バル店、A&S公式オンラインショップ

人気ジュエリーブランド、agateや、NOJESSを展開する、

A&Sがスタートしたブランドで、

agateやNOJESSにアイテムの雰囲気は近いです。

デザインは、デザイナーズブランドにありそうな少し個性的なデザインや、好まれそうな技法が使われていて、

agateよりもトレンドを追っているように感じますね。

大ぶり天然石から、小ぶりな天然石まであり、

他では見ないめずらしいデザインのリングもそろいます。

10金、18金のリングがメインで、値段はものにしては結構お手頃ですね。

〝アガットが好きな方や〟〝他と被りたくない方〟〝シンプルながら個性があるものが好き〟みたいな人におすすめです。

アガットについてはこちら

 

 

 

・4.ファッション感度の高いおしゃれ天然石リングブランド10選!

 

 

⑮Lamie

引用元:Lamie公式サイト https://lamie-online.com

Lamie(ラミエ)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2014年
  • 店舗数:1店舗 取扱店29店(海外含む)
  • 中心価格帯:4万円代~10万円前後
  • インスタフォロワー数:6873人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:55点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:Lamie直営店(目黒)、H.P.FRANCE、公式オンラインショップ

いかにもジュエリーらしい、キラキラの宝石、天然石ではなく、

ラフカット(カット面が少なく自然の風合いが残るカット)の天然石を多く使用しています。

中には本当に原石に近いようなカットの天然石もあり、

天然石1つ1つの形に合わせて作られるリングはすべて1点ものです。

基本10金を使用しているリングが多く、

リング腕部分は細く、曲がっていたりテクスチャーがでこぼこしていたり、

手作業で作られたことが見た目に色濃く出ており、

一つ一つがアートピースのような雰囲気が漂います。

〝重ね付けが楽しみたい方〟〝手作り感〟〝原石の魅力〟が欲しい方におすすめのリングブランドです

 

 

 

⑯bororo

引用元:bororo公式サイト https://bororo.stores.jp/

bororo(ボロロ)ってどんなブランド?

  • 店舗数:取扱店6店舗
  • 中心価格帯:6万円代~10万円代
  • インスタフォロワー数:13,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:19点
  • 主な買える場所:伊勢丹新宿店、CIBONE Aoyama、bororo公式オンラインショップ

旅する宝石商というブランドコンセプトがあり、

実際にデザイナーがタイ、スリランカ、インド、タンザニアなど世界各地で天然石を集めてきています。

オンラインショップでも、各製品、天然石についての産地や説明があり、

天然石、カラーストーンに対するこだわりが強いブランドです。

基本18金で高級感もあり、デザイナーズブランドらしさのある、オリジナルカットの天然石が魅力です。

〝デザイナーズブランドが好き〟〝人と被りたくない〟〝個性は出したいけどやりすぎは嫌〟〝ファッション好き〟

におすすめできるブランドです。

 

 

 

⑰seis

引用元:seis公式サイト http://seis.jp/

seisってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2014年
  • 店舗数:取扱店6店舗
  • 中心価格帯:3万円代~5万円代
  • インスタフォロワー数:1559人(2020年5月時点)
  • 主な買える場所:CINEMA H.P.FRANCE 恵比寿、CINEMA H.P.FRANCE 大阪

全体的に10金、18金を使用した華奢なリングが多く、

ブランドのアイコンともいえる、

チェーンに天然石が1石ついたリングは、重ね付などにもよくされていて、インスタグラム上でも人気です。

トレンドの大ぶりなカボッションカットリングも揃えていますね。

サイトのグラフィックデザインなども、

まさに〝今のデザイナーズブランド〟雰囲気でとてもおしゃれです。

 

 

 

⑱shelby

引用元:shelby公式サイト https://www.shelby8.com/

shelby(シェルビー)ってどんなブランド?

  • 中心価格帯:10万円代~30万円代
  • インスタフォロワー数:6741人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:31点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:主要百貨店POPUP、公式オンラインショップ

トレンドの大ぶりカボッションカットリングも揃えていますが、

他ブランドとは違い、リング腕が半分鏡面で、半分テクスチャーいりみたいな感じで、

アシンメトリーなデザインを得意としているので、ただのトレンドデザインでは終わらないオリジナリティがあります。

基本18金製なので、値段はやや高めですが、

他にはないデザインや、天然石のカットも面白く個性が光るものが多く、

デザイナーズブランドらしい価値があります。

面白いと感じる天然石のカットも〝甲州貴石切子〟という職人の手で一つ一つカットされた、

作品のようなきれいな天然石を使用したりとデザインにもこだわりが感じられます。

甲州貴石切子についてはこちら

 

 

 

⑲januka

引用元:januka 公式サイト http://januka.jp/

januka (ヤヌカ)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2012年
  • 店舗数:1店舗 取扱店12店舗
  • 中心価格帯:5万円代~6万円代
  • インスタフォロワー数:15,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:49点
  • 主な買える場所:januka本店(東京杉並)、TOMORROWLAND 渋谷本店、TOMORROWLAND 日本橋高島屋S.C.店、Lijouオンラインショップ、januka公式オンラインショップ

「お手本から少しずれた」がブランドコンセプトで、

現在ジュエリー界では当たり前のこと先入観や技法をいい意味で無視しているブランドです。

他で見たことのないような面白いデザインや、ユニークな天然石リングが多く揃います。

上の画像でも使用している、〝BAND RING〟というシリーズですが、

こちらも石の真ん中に大胆に金属のラインが横切るという、

本来ならばご法度といえなくもない作りですが、

逆に石座や爪(石の周りにある金属)がないため、天然石本来の魅力が引き出されています。

金属は10金ながらも、高すぎる価格帯でもなく、手ごろな価格で特別感が味わえるブランドです。

 

 

 

⑳me.ie

引用元:me.ie公式サイト http://www.meie.shop/

me.ieってどんなブランド?

  • 創業:1977年
  • ブランドスタート:2016年
  • 店舗数:取扱店5店舗
  • 中心価格帯:1万円代~7万円代
  • インスタフォロワー数:1141人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:62点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:Drama H.P.FRANCE 新宿店 横浜店 梅田店 恵比寿店 大阪店 公式オンラインショップ

先に紹介している、mi lunaと同じく、〝D2Cブランド〟ですね。

基本的には10金製のリングが多いですが、

D2Cブランドなので価格も手ごろで手が出しやすいものが多いです。

多くのジュエリーブランドのデザインや企画、制作まで請け負うファクトリー、

アトリエ・エヌが展開するブランドで、

さすがファクトリーブランドというだけあり、

リングの細かいディテールにも凝っており非常にきれいな作りです。

全体的に可愛いらしいデザインが多く、天然石の種類も豊富です。

〝可愛いデザインが好きな人〟〝いろんな天然石から選びたい人〟〝トレンドデザインをコスパよく手に入れたい人〟におすすめです。

補足:D2Cブランド=製造者が直接消費者に販売するブランドのこと。中間費用が掛からないため値段が手ごろなのが特徴。ファクトリーブランドとも言ったりします。

 

 

 

㉑ETSKO SONOBE

引用元:ETSKOSONOBE公式サイト http://etsukosonobe.com/

ETSKO SONOBEってどんなブランド?

  • 店舗数:取扱店7店舗
  • 中心価格帯:9万円代~
  • インスタフォロワー数:5120人(2020年5月時点)
  • 主な買える場所:BARNEYS NEW YORK銀座店、新宿店、六本木店、GINZA SIX 4F D-BROS Ginza、OUR FAVOURITE SHOP(白金)、gallery deux poissons(オンラインショップあり)

国内外での個展やグループ展 、アートフェアなどで作品を発表していて、

日本のコンテンポラリージュエリー界を代表する作家として、国内外で高い評価を得ているブランドです。

石座(石の周りの金属部分)がないデザインが多く、

大ぶりので透明感のあるきれいなカラーストーンの魅力を存分に感じられるデザインです。

ラフカット(面が少なく自然な風合いが残るカット)の天然石や、めずらしいカット、形の天然石も多く、

リングのデザイン、石のデザイン含め、アートピースのように感じられるリングです。

バイヤーだった筆者も、こんなの初めて見た!っていうようなものもあり、

オリジナリティが強く自分だけのお気に入りブランドになること間違いなしのデザイナーズブランドです。

金素材に18金のほか20金も使用しているのも特徴的ですね。

 

 

 

㉒talkative

引用元:talkative公式サイト https://store.talkative-jwl.jp/ja

talkative(トーカティブ)ってブランド?

  • ブランドスタート:2008年
  • 店舗数:直営店1店舗
  • 中心価格帯:¥55,000~¥98,000
  • インスタフォロワー数:27,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:12点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:talkative 表参道店(旗艦店)、伊勢丹新宿店、BARNEYS NEW YORK、drama H.P FRANCE、公式ONLINESTORE

オリジナルカットを施したユニークな天然石や、

シンプルだが、程よく遊びのきいたデザインは、可愛さもあり、思わずつけてみたくなる魅力があり、

おしゃれ女子を引き付けますね。

デザイナーのマロッタ忍さんは、VANDOME AOYAMA出身のデザイナーで、

ジュエリー業界に長くいた筆者は、VANDOME AOYAMA出身の方とお話しする機会は多かったですが、

みなさんデザイナー自身にすごく魅力があり、ファンが多いといいますね。

〝デザイナーズブランド好き〟〝遊び心のあるデザインが好き〟〝ファッション好き〟に刺さるデザインが多いです。

 

 

 

㉓Beau Blue

引用元:Beau Blue公式サイト https://beaublue-store.com/

Beau Blue(ボウ・ブルー)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2015年
  • 中心価格帯:10万円代~20万円代
  • インスタフォロワー数:2887人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:50点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:公式オンラインショップ、百貨店POPUP

金属は18金をメインで使用していて、

トレンド感のある大ぶりな天然石リングが豊富です。

ブランドのアイコンともいえる〝JEWEL RING〟(上の画像のものがそうです)は名前にふさわしい、

特徴としては透明感が強く輝きもきれいな、石高の高い天然石を使用していて、

石高が高い分、指から出っ張ってしまい使いにくいという点はあるものの、

石高の高い天然石は低い天然石に比べ、深い輝きで、石自体も非常にきれいに見え、高級感が段違いという特徴もあるため、

天然石、カラーストーンの輝きに対してこだわりがあるのが感じられます。

センターストーンの根元に見えるメレサイズの天然石も何とも言えない可愛さを感じます。

どの角度から見てもきれいに見えるリングは女性心をくすぐること間違いなしだと思います。

 

 

 

㉔TOMOKO FURUSAWA

引用元:TOMOKO FURUSAWA公式サイト http://as-labo.jp/

TOMOKO FURUSAWAってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2019年
  • 店舗数:取扱店1店舗
  • 中心価格帯:10万円前後
  • インスタフォロワー数:581人(2020年5月時点)
  • 主な買える場所:MIN jewelry & crafts(目黒)、百貨店POPUP

エメラルドカットの天然石を多く使用しており、

非常に透明感がありきれいなエメラルドカットはブランドのアイコンともいえますね。

10金製ではあるものの、きれいな天然石を1本のリングに2石大胆に使ったり、高級ハイジュエリーの雰囲気が漂います。

ただデザイン的にはカジュアル感があり、普段にもつけやすい腕が細めのデザインです。

他ブランドとは一味違い、

〝畳めるリング〟なども展開しており、

持ち歩いている間は畳んでおけて、着用時に立体的にできる技ありなものなどオリジナリティが溢れます。

最初見たときは驚きました。笑

〝透明感がありきれいな天然石が欲しい人〟〝大人の遊び心がきいたデザイン〟〝特別感、オリジナリティを感じたい人〟におすすめのブランドです。

補足:エメラルドカット=8角形の長方形の形のカット。通常の天然石のカットよりも面が少なく輝きは抑え目だが、透明感と存在感が強いカット

 

 

 

・5.憧れ!高級天然石リングブランド6選!

 

㉕MARIE-HERENE DE TAILLAC

引用元:MARIE-HERENE DE TAILLAC公式サイト https://mariehelenedetaillac-hk.com/

MARIE-HERENE DE TAILLAC(マリエレーヌタイアック)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:1996年
  • 店舗数:5店舗(日本3店舗)
  • 中心価格帯:8万円代~30万円代
  • インスタフォロワー数:48,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:21点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:MARIE-HERENE DE TAILLAC青山店、伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店

今の天然石リングのトレンドデザインのポイント抑えていて(というかここがもとからやっていたデザインが今トレンドになっている)

カラーストーンそのもの魅力を生かしたシンプルなデザイン一番値が張るブランドです。

カラーストーン自体の質が良いのと、全アイテム18金製でしかもたっぷり18金を使用している、、、

ということもありますが、やはりブランドだからというところも大きいですね。

意外と知っている人が少ないですが、

マリエレーヌタイアックは、ジュエリー業界、ファッション業界(これは少ないかも)、ではかなり有名なブランドです。

ブランド象徴する初期モデルのアイテムがパリ装飾美術館の所蔵作品にもなったりしています

 

 

 

㉖Pomellato

引用元:Pomellato公式サイト http://www.pomellato.com/jp/

Pomellato(ポメラート)ってどんなブランド?

  • 創業:1967年 イタリア ミラノ
  • 店舗数:17店舗(海外除く)
  • 中心価格帯:20万円代~40万円代
  • インスタフォロワー数:313,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:87点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:Pomellato銀座店、伊勢丹新宿店、三越日本橋店、高島屋新宿店、大阪店、大丸梅田店、京都店、岩田屋福岡店、公式オンラインショップ

天然石リングの高級ブランドといえばポメラートですね。

天然石リングブランドの代表格といっていいでしょう。

ブランドの代表作といえる〝NUDE〟は、

コロンとした丸みのある表面にカットを施したカラーストーンが特徴的で、

センターストーンとサイドストーンの色合わせや、ゴールドの色の合わせ方など色使いがイタリアブランドならではの魅力です。

ヨーロッパのジュエリーブランドの中での売り上げが上位5位に食い込んでいて(ヨーロッパのジュエリーブランドは世界のトップジュエラーだらけです。

世界的にも大人気んブランドです。

 

 

 

 

㉗CADEAUX

引用元:CADEAUX公式サイト https://www.cadeaux-jewelry.com/

CADEAUX(̚カドー)ってどんなブランド?

  • ブランドスタート:2006年
  • 店舗数:1店舗 取扱店6店舗
  • 中心価格帯:10万円~20万円
  • インスタフォロワー数:6986人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:17点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:伊勢丹新宿店、BARNEYS NEWYORK新宿店、Shinzone 表参道店 ルミネ新宿店、ルミネ有楽町店、札幌店、公式オンラインショップ

カットのきれいな天然石や、透明感のある天然石が多く、

高級感があり、ジュエリーの醍醐味を存分に楽しめる天然石リングが豊富です。

さらに、デザイナー2人が、インテリアデザインと女性誌のエディトリアルライター出身ということもあり、

ファッションに合わせやすいデザインが多く、

トレンド感とラグジュアリー感をあわせもつ人気ブランドです。

海外ハイジュエラーを彷彿させる、大胆な石使いと色合わせがすごく魅力的ですね。

〝トレンド感とラグジュアリー感を両方味わいたい人〟〝長く大事に扱う一生もののリングが欲しい人〟におすすめです。

 

 

 

㉘JAN LOGAN

引用元:JAN LOGAN公式サイト https://www.janlogan.com/

JAN LOGAN(ジャンローガン)ってどんなブランド?

  • 創業:1989年 シドニー
  • 店舗数:3店舗(オーストラリア)
  • 中心価格帯:10万以上からどの価格も幅広くそろっています
  • インスタフォロワー数:20,000人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:86点
  • 主な買える場所:公式オンラインショップ

トレンドデザインというよりは、オリジナリティと高級感、本格派の高級ジュエリーを味わいたい人向けです。

世界的有名ジュエラーにも引けを取らない本格派ジュエリーで、海外のデザインらしい大ぶりな天然石リングが多いです。

基本的にはほとんどが18金素材で、カラーストーンの種類も豊富でデザインも豊富。

モルガナイトやアクアマリンなどの高級なカラーストーンを使っているものが多く、

輝きの強いきれいなカットを施したカラーストーンなので、本当にきれいな天然石の魅力を存分に味わっていただけるブランドです。

質のいいジュエリー特有の高揚感を味わいたい他の人かぶらない優越感〟〝ビッグブランドのようなラグジュアリー感を味わいたい人にはぴったりかと。

残念ながら国内で直接見ることができるお店はないですが、オンラインショップが全世界対応なのでオンラインで買うことはできます。

筆者は実際にシドニーのお店に行ったことがありますが、高級住宅街にひっそりとたたずむお店は、

本物のお金持ちが買うのにふさわしい雰囲気のお店でした。

 

 

 

㉙MEGUMI HARUNA

引用元:MEGUMI HARUNA公式サイト https://megumi-haruna.com/

MEGUMI HARUNA (メグミハルナ)ってどんなブランド?

  • 店舗数:東京にサロンが1店舗
  • 中心価格帯:10万円代~20万円代
  • インスタフォロワー数:2088人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:30点以上
  • 主な買える場所:主要百貨店でのPOPUP(頻繁に行っています)

NY在住のデザイナーの春名めぐみさんが展開するブランドで、

トレンドというよりは、ブランドの個性がよく出ている天然石リングが豊富で、

他ブランドとは結構雰囲気が違います。

テイストとしては、高級感の中に可愛さがあり、

天然石のカットも〝甲州貴石切子〟という職人の手で一つ一つカットされた、

作品のようなきれいな天然石を使用したりとデザインにもこだわりが感じられます。

甲州貴石切子についてはこちら

天然石のサイズに対して、非常にリング腕が細く、

高級感あるビッグストーンとカジュアル間のある細いリング腕のアンバランスさが魅力的です。

以前筆者が店長を務めていた店舗のイベントで、さんにはPOPUPで入ってもらった経験もありますが、

デザイナー本人ともお話しさせていただいたこともありますが、

デザイナー自身にとても魅力があって、リピーターやファンが多いブランドです。

〝他と被りたくない人や〟〝可愛いデザインが好きな人〟〝細いリング腕が好きな人〟におすすめです。

 

 

 

㉚HASUNA

引用元:HASUNA公式サイト https://hasuna-store.com/smp/

HASUNA(ハスナ)ってどんなブランド?

  • 店舗数:1店舗
  • 中心価格帯:9万円代~10万円代
  • インスタフォロワー数:7281人(2020年5月時点)
  • 天然石リングの取り扱い数:24点(オンラインショップ2020年5月時点)
  • 主な買える場所:HASUNA表参道本店、HASUNA公式オンラインショップ

はじめて筆者がブランドを知ったのは、IJT(国際宝飾展インターナショナルジュエリー東京)にHASUNAが出店しているのを見たときでした。

デザイナー、クリエイターゾーンで小さく展開していてそのころは特に関心がなかったのですが、

現在では日本初の〝エシカルジュエリー〟ということもあり着々と知名度を上げてきています。

天然石リングは基本的にはシンプルですが、18金をたっぷり使ったリング腕や、マットな質感に高級感が漂います。

インスタなどのSNSで3,40代の流行に敏感な人たちから支持される人気ブランドです。

シンプルなデザインが多いので、〝長くつけられて、良いカラーストーン、天然石の良いジュエリーが欲しい〟というような人には良いかと思います。

 

 

 

はい!というわけで色々ご紹介させていただきましたが、

お気に入りの天然石リング、カラーストーンリングブランドは見つけていただけたでしょうか?

天然石リングでも、

ブランドそれぞれ、個性や強み、価格帯も全然違うので、選ぶ自分が、

デザイン

価格

高級感

可愛さ

石のきれいさ

ブランドの世界観

ブランドの理念

どこに重点を置くかでだいぶ変わりますね。

まずは自分がどれにこだわりたいのか?

をはっきりさせておくと選びやすいかと思います!

ご参考に!

 

 

こちらの記事もおすすめ

》参考:【最新版】インスタで人気上昇中!カラーストーンリングブランド12選【価格帯付】

》参考:【最新版】インスタで人気上昇中!天然石ネックレスブランド16選【価格帯付】

》参考:【12月誕生石】意味や石言葉、価値まで解説!プレゼントにも!

》参考:【1月誕生石】意味?日にち別?ガーネット以外ある?口コミもあり!

》参考:【20代タイプ別】2020年最新レディースネックレスブランド20選!意外と気になるラッピングも!

》参考:【30代タイプ別】2020年最新レディースネックレスブランド20選!意外と気になるラッピングも!

》参考:リアルな口コミ!ヴァンドーム青山のネックレスまとめ!人気アイテムや他ブランドとの差も!【価格帯付】

》参考:リアルな口コミ!アガットのネックレスまとめ!人気アイテムや他ブランドとの差も!【価格帯付】

 

 

-30代, 40代, カラーストーン, リング

© 2021 ジュエリーを買う前の総合情報サイト Powered by AFFINGER5