ジュエリーの基礎知識 リフォーム

SV925とは?〝意味と価値〟を徹底解説!

・SV925とはシルバー925と読みます

SV925(シルバー925)=純銀92.5%+他金属7.5%の合金

2020年6月現在の1グラムあたりの金属価値は約51円です。

指輪とかネックレスにSV925と書いてあって、『なにこれ?』と思ってこのページにたどり着いていると思いますが、

SV925という刻印は、そのアイテムの素材の証明です。

つまりあなたが持っているその指輪またはネックレスは

〝シルバー925〟という素材で作られているということになります。

これもしかしって売ったら高いんじゃない?ともし思っていたら、

残念ですが、ブランド品とかでない限り対した値段はつかないです。

 

 

 

1g51円ってことは価値は低いの?

例えばお持ちの指輪が、5gだとしたら

5×51=255円

になりますね。

価値というのは人々に必要とされて初めて価値がつくのと、デザイン、ブランドとしての価値、製作費などもあるので、

一概に『価値がない!』と断言はできませんが、

金属としての価値は、ジュエリーなどで使われる他代表的な金属に比べたら低いです。

ちなみに他のジュエリー、アクセサリーに使われる代表的な金属として、

18金がありますが、

2020年現在18金は1g当たり約4963円します。仮に5gの指輪だとしたら24817円です。

見た目はほとんど同じ指輪なのに片方だけやけに高いな、、、

というものがあったら金属が違うというパターンはよくあります。

金属の1gあたりの価値を知りたい方は田中貴金属さんで毎日の相場がわかりますので参考にしてください。

※田中貴金属さんでの値段が少し高いのはSV925の価格ではなく〝純銀〟での価格だからです。

18金の意味や価値はこちらをご参考に

》参考:K18とは?〝意味と価値〟徹底解説!

 

なぜ92.5%?

100%銀で作れば良くない?とも思うかもしれませんが、

純度100%のまじりっけない銀は柔らかく、アクセサリー、ジュエリーには向いておらず、

堅さ、強度を出すためにあえて銅などの他の金属を混ぜて合金にしています。

一般的に〝シルバー製〟といわれているものはほとんどが、

SV925(シルバー)925が使われています。

 

 

シルバー925を使ったブランド

有名なところで上げていきますと、

〝クロムハーツ〟なんかがそうですね。展開されているアイテムのほとんどがSV925で作られており、

SV925(シルバー925)特有の黒く変色するという性質を利用して、最初から黒く加工する〝いぶし仕上げ〟をしており、

SV925(シルバー925)独特の風合いが楽しめます。

その他、

ティファニー、ジョージジェンセン、

などの有名ブランドでもシルバー925は多用されており、

現在のジュエリー、アクセサリー業界には欠かせないメインの金属といえます。

 

 

 

シルバー925のメリット

・価格がお手頃で手が出しやすい

基本的にシルバー925は金属の値段も安価なため、ブランド側も低コストで作ることができ、値段がお手頃です。

18金やプラチナを使ったジュエリーに比べると、0が一つ少ない、またはそれ以上に安いことが多いです。

 

・独特な風合い

クロムハーツのところでも言いましたが、SV925(シルバー925)は黒くなる性質があります。

シルバー特有の風合いで、この黒さには男っぽさがあり、メンズジュエリーでは特に多用されています。

 

・重量感と高級感

ジュエリー、アクセサリーは重量感と高級感は密接な関係にあります。

例えば薄くて軽い指輪なんかもありますが、デザイン上、薄くて軽くしているものもありますが、

金属の重量を減らし、値段を安く抑えるために軽量にされていることも多いです。

SV925(シルバー925)は金属自体の価格が低いので、金属の量をケチる必要がなく、1つの指輪に対してたっぷりと金属を使えます。

こういった理由で、SV925(シルバー925)適度な重さや立体感を感じることができ、高級感が感じられます。

 

 

 

シルバー925のデメリット

・黒くなりやすい

メリットとしても上げていますが、デメリットとしても上げられます。

黒いことでかっこよくなる指輪もありますが、黒いことでただの汚れに見えてしまう指輪もあります。

その場合は黒い部分を除去しなくてはならないので手入れがめんどくさいということがあります。

シルバー925の手入れについてはこちらもご覧ください。

》参考:【超簡単】シルバー925手入れ方法6選!黒ずみ落とし!今すぐできるものからプロ仕様まで!

・表面に小傷が入りやすい

SV925(シルバー925)は18金に比べて、素材自体が柔らかく、表面に小傷が入りやすいです。

メンズの指輪とかなら小傷も味があっていいですが、女性の指輪とかだとちょっと見方が変わってきますね。

・金属アレルギー

銀そのものは金属アレルギーを起こしにくい素材ですが、

銀以外の〝7.5%〟に含まれる銅やニッケルでアレルギーを引き起こす人もいます。

着用してみてアレルギーが出るようであれば着用は避けたほうが良いですね。

 

 

スターリングシルバーとは?

ジュエリー、アクセサリーのショップを見ていると、〝スターリングシルバー〟という表記もよく見かけます。

スターリングシルバー(sterling silver)というのは、呼び名が違うだけで、

SV925(シルバー925)と全く同じ金属です。

欧米の銀製品にはSV925の刻印ではなく、〝sterling 〟の刻印が入っていることも多いです。

〝sterling 〟には「本物」、「信頼できる」などの意味があります。

スターリングシルバーだから黒くならない、とかそういった特殊な効果はありません。

 

 

はい!というわけで、

SV925(シルバー925)の意味と価値でした!

ご参考に!

 

こちらの記事もおすすめ


》参考:【超簡単】シルバー925手入れ方法6選!黒ずみ落とし!今すぐできるものからプロ仕様まで!

》参考:【料金相場】指輪サイズ直しの料金と時間!お得にサイズ直しする方法とは?

》参考:【解決】指輪サイズ直しの疑問からどこに頼むべきかを解説!

》参考:【超便利】指輪がゆるいときの対処法4つ!これでもう困らない!

》参考:K18とは?〝意味と価値〟徹底解説!

 

 

 

-ジュエリーの基礎知識, リフォーム

© 2020 ジュエリーを買う前の総合情報サイト Powered by AFFINGER5