ジュエリーの基礎知識 ダイヤモンド

【動画比較】忖度なし!モアサナイトとダイヤモンドの違いを比較まとめ

まずみなさんがおそらく知りたいであろう〝違い〟を結論から言うと、

 

モアサナイトとダイヤモンドの見た目の違いはほぼありません!

 

ただ『違いはありません!』と一言で済ませられるほど単純じゃないのも事実。

物質的な違いや光の特性の違いなど様々あります。

 

物質とか光の特性とか学術的になるとわけわからないかも、、、

 

大丈夫です!

誰でもわかりやすいようにまとめます!

 

💎モアサナイトジュエリーを検討中!自分にとってアリ?ナシ?を判断したい!

💎エシカル面でモアサナイトに惹かれるけど、ダイヤと違いがありすぎて偽物みたいに思われたくない!

💎簡単に違いや比較を理解して納得したい!

 

こんな人はぜひ参考にしてください!

 

 

 

 

この記事で知れる内容

・1.動画で比較!モアサナイトとダイヤモンドの見た目の違い

・2.輝きは?モアサナイトとダイヤモンドの光の特性を比較

・3.一目でわかる!モアサナイトとダイヤモンドの物質的な違いを比較

・4.どっちが価値あるの?モアサナイトとダイヤモンドの価値を比較

・5.どうやって誕生した?モアサナイトとダイヤモンドの起源を比較

・6.購入検討前に整理!モアサナイトとダイヤモンドの世間イメージを比較

・7.意外と気になる!石言葉やパワーストーン効果を比較

・8.業界者おすすめ!モアサナイトはどこで買うのがいい?

・9.この記事のまとめ|業界者的にモアサナイトはどう?

 

 

 

 

スポンサーリンク

・1.動画で比較!モアサナイトとダイヤモンドの見た目の違い

冒頭で

〝モアサナイトとダイヤモンドに見た目の違いはありません!〟

と言いました。

 

ステマかなんかで良く言おうとしてるんじゃないの、、?
自分の目で確認するまでは納得出来ねえ!

 

落ち着いてください。

お見せします!

 

モアサナイトとダイヤモンドの比較動画

 

これどっちがモアサナイトでどっちがダイヤモンドかわかりました?

 

わ、わからねえ、、

 

そう!わからないんです!

筆者はダイヤモンドの仕入れ経験が10年近くありますが、ただ見るだけでは正直わかりません。笑

ちなみに正解は、

 

💎左=ダイヤモンド

💎右=モアサナイト

 

です!

 

ポイント

バイヤーが比較しても正直わからねえ

 

 

 

 

・2.輝きは?モアサナイトとダイヤモンドの光の特性を比較

先ほど

『バイヤーが比較しても見た目の違いをわからない』

と書きましたが、

輝き、、、つまり見た目に関係する光の特性には大きな違いがあります!

 

モアサナイト ダイヤモンド
光の屈折率 2.69 2.42
光の分散率 0.104 0.044
光沢指標 20.40% 17.20%

 

比較表を見てわかる通り数値に違いがありますね。

主にモアサナイトの数値のほうが上です。

この数値の違いでもっとも顕著に輝きに違いがでるのは

 

虹色の輝きが強くなる

 

という見た目の違いが出てきます。

ダイヤモンドやモアサナイトは2種類の輝きを持っています!

 

💎白い輝き=ブリリアンス、ブリリアンシー

💎虹色の輝き=ファイア、ディスパージョン

 

この2種類で、

〝モアサナイトは虹色の輝きが強いという特性があります!〟

このモアサナイトの特徴はカラット数が大きくなればなるほど顕著に表れるので、

 

デカいモアサナイトほど虹色の輝きが強くなります!

 

 

こういう風に思われる人は結構いますが、それはやたらデカく正直現実的ではないモアサナイトをPRしまくるインスタ投稿を見たからでしょう。

筆者の経験上1カラットくらいまではほぼ輝きも変わらないなという感覚があります!

 

ポイント

💎ダイヤモンド=白、虹色ともにバランスの良い輝き

💎モアサナイト=虹色の輝きが強め(大きいものは特に)

見た目の違いを感じたくない人は1カラット以上のデカすぎるモアサナイトは向かない

 

 

 

 

・3.一目でわかる!モアサナイトとダイヤモンドの物質的な違いを比較

モアサナイトとダイヤモンドの見た目はどっちかわからないくらいかなり似ていますが、

表を見てわかる通り、

 

原子構造がそもそも違います。

 

モアサナイトは〝炭化ケイ素〟

ダイヤモンドは〝炭素〟

で構成されており、原子構造が異なります。

モース硬度や靭性も異なっており、この物質的な差を比較するとこういう違いが出てきます!

 

💎モアサナイト=傷つきにくい上に割れにくい

💎ダイヤモンド=超傷つきにくいが衝撃には少々弱めで割れやすい

 

という差が出ます!

 

ポイント

💎強度の面ではモアサナイトに軍配が上がる

 

 

 

 

スポンサーリンク

・4.どっちが価値あるの?モアサナイトとダイヤモンドの価値を比較

結論から言うと、

 

価値はダイヤモンドのほうがあります。

 

これはあくまで

〝お金や希少価値で考えた場合の価値〟

ですが。

 

モアサナイト ダイヤモンド
人工(採掘なし、流通にエシカル的な問題なし) 天然(採掘、流通にエシカル的な問題一部あり)
無限に製造可能 有限で産出量はおおよそで決まっている
エシカル、サステナブル的には価値あり 希少、金銭的に価値あり

 

こう比較して並べてみるとわかるように、

ダイヤは地球上で一定の数しか存在しない希少鉱物です。

それに対し、

 

モアサナイトは人工物で無限に製造することができます。

 

この差もあり実際に取引価格も大きく違っています。

よって価値はダイヤモンドのほうがあると言えるでしょう。

ただ価値は人それぞれ。

お金や希少さに価値を感じる人が多いのは事実ですが、

サステナブル・エシカル・平和

この側面に価値を感じる人がいるのも事実です。

この3つの点に関しては

〝モアサナイトのほうが価値がある〟

と言えるのではないでしょうか。

 

ポイント

💎希少・金銭的価値=ダイヤモンド

💎エシカル・平和的価値=モアサナイト

 

エシカルジュエリーってなんなの?って人はこちらで解説しているので参考にどうぞ
》参考:【最新】エシカルジュエリーブランド18選!国内外人気ブランド勢揃い

 

 

 

 

・5.どうやって誕生した?モアサナイトとダイヤモンドの起源(歴史)を比較

ダイヤモンドは皆さんなんとなく、

鉱物として採掘されている、、、ということはおわかりですよね。

モアサナイトとダイヤモンドの起源を比較してみましょう!

 

モアサナイトの起源

モアサナイトは1893年に、

 

宇宙からやってきた隕石の中から発見

 

されたのが始まりです。

フランス学者、アンリ・モアッサンにより発見されたことからモアサナイトと名付けられ

隕石からしか採ることができない天然のモアサナイトは地球上で自然に生み出されることはなく、

なんとかその美しさに惚れ込んだ研究者たちは宝石として使用、流通させるために人工開発に取り組み、人工のモアサナイトの開発に成功。

現代は人工のモアサナイトが世間に流通して認知されている状態です。

 

ダイヤモンドの起源

ダイヤモンドは、

 

もっとも古いもので約45億年前に地中深くで生成された

 

と言われています。

その後歴史のなかでマグマの噴出で地表近くまで押し上げられ、紀元前7、8世紀ごろに人々に発見されるようになりました。

当初はただの硬い石と思われていた、ダイヤモンドですが、1475年にベルギーでダイヤを磨く方法が発明され、

磨かれることで美しさを発揮することに気付き、その美しさは広まっていきました。

 

ポイント

モアサナイトもダイヤモンドも数多くの奇跡が重なり、人の努力の末現在の状況に至る

 

 

 

 

・6.購入検討前に整理!モアサナイトとダイヤモンドの世間イメージを比較

自分はモアサナイトを素敵だと思うけど、、、世間はどう思っているだろう、、

 

自分が好きであればそれでいいとは思いますが、何となく気になってしまうのが世間のイメージ。

モアサナイト、ダイヤモンド両者のイメージを箇条書きでまとめたので一応比較しておきましょう!

 

モアサナイトのイメージ

💎エシカル&サステナブル

💎お手頃

💎人工物、工業製品

💎ダイヤモンドの偽物?

💎パクリデザインが多い?

💎実際めっちゃ綺麗!

モアサナイトのイメージは少々マイナス面を感じるイメージも多いかもしれないですが、ツイッターなどSNSでの声を見てみると、

『実際見た目も綺麗だし全然アリだけど、ダイヤモンドより輝く!みたいなマーケティングが微妙、、』

つまりダイヤモンドとは別の石として考えればあり!みたいな声も多いですね!

 

ダイヤモンドのイメージ

💎宝石の王様

💎憧れの品

💎高額品

💎希少

💎婚約指輪

💎紛争ダイヤ、、、?

💎採掘の過酷な労働環境、、?

モアサナイトと比較した場合のダイヤモンドのイメージはこんな感じ!

素敵なイメージも多いですが、ダイヤモンドの流通で起こる問題点はエシカル面的に現段階では完璧ではない為マイナスのイメージがあるのも事実ですね。

 

世間のイメージも受け入れて納得した上で購入できるといいですね!

 

ポイント

エシカルな宝石モアサナイトは自分が納得出来ればそれでいい!

 

 

 

 

・7.意外と気になる!石言葉やパワーストーン効果を比較

宝石やジュエリーを選ぶうえで、結構購買欲を左右するのが石言葉やパワーストーン効果。

意外に皆さん気にする人も多いですね!

と言うわけでモアサナイトとダイヤモンドを比較してみましょう!

 

モアサナイト

  • 石言葉:成功・繁栄
  • 効果:傷ついた心を癒す・困難に打ち勝つ

 

ダイヤモンド

  • 石言葉:永遠の愛・純愛・清浄無垢
  • 効果:精神力、潜在能力の向上・困難に打ち勝つ

 

 

ポイント

💎科学的根拠はどちらにもないのであくまで参考程度に!

 

 

 

 

・8.業界者おすすめ!モアサナイトはどこで買うのがいい?

モアサナイトの人気はアメリカを中心に高まっており、日本での人気も年々高まり市場規模も大きくなっています。

国内でもモアサナイトを専門に扱うブランドも多く誕生しており、Instagramの広告でやたらと見かけるようになりました!

この記事を書くに当たって国内、海外含めたくさんのモアサナイトブランドを見て回りましたが、

 

個人的に一番おすすめなのはGYPPHYさんですね!

 

ほとんどのブランドが、

ダイヤモンドより大きいのが安価に選べる!ダイヤよりも輝く!

といういわばダイヤモンドと比較して販促をしており、石そのものがメインのシンプルでクラシカルなデザインのものがほとんどです。

それに対し、

 

ジプフィーは世界観やデザイン性、ファッション性に特化

 

しています。

その証拠として、

〝ファッション界からのオファーも来ている〟

という点が挙げられます!

ジプフィーは数多くあるモアサナイトブランドで唯一、超高感度セレクトショップでの取り扱いがあります!

引用元:Dearium公式 https://dearium.com/

こちらはDeariumという感度の高いジュエリーブランドのみをセレクトして扱うショップのスクリーンショットですが、

世界的評価も高い新進気鋭な人気ブランドとともにGYPPHYも入っています。

正直モアサナイトを買うのであればここ一択かなと思います。

筆者もいくつか所持しているものもあるのでそれはこちらでレビューしています!

http://jewelrykaumaeni.com/2021/06/28/%e3%80%90%e5%be%b9%e5%ba%95%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%91%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%8c%e3%81%93%e3%81%ae%e5%80%a4%e6%ae%b5%ef%bc%81%ef%bc%9f%e6%89%8b%e9%a0%83%e3%81%ab%e9%81%b8%e3%81%b9/

 

 

 

 

・10.この記事のまとめ|業界者的にモアサナイトはどう?

はい!というわけで

〝モアサナイトとダイヤモンドを多角的に比較〟

してきたわけですが、自分なりの結論は出ましたでしょうか?

『モアサナイトはダイヤより輝く!』

『モアサナイトはダイヤにそっくり!』

みたいな販促をするブランドさんも多いですが、個人的には、

 

ダイヤモンドとは全く別の魅力を持った現代的な宝石

 

として楽しむのが良いかなと思います!

ダイヤモンドジュエリーは、〝大きさや価値、憧れ〟と言う面が強いと思いますが、

モアサナイトジュエリーはあくまで〝ファッションアイテム〟として楽しむのが正解かなと思います!

そういった意味でもGYPPHYさんは一番おすすめですね!

ご参考に!

 

 

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめ

http://jewelrykaumaeni.com/2021/06/28/%e3%80%90%e5%be%b9%e5%ba%95%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%91%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%8c%e3%81%93%e3%81%ae%e5%80%a4%e6%ae%b5%ef%bc%81%ef%bc%9f%e6%89%8b%e9%a0%83%e3%81%ab%e9%81%b8%e3%81%b9/

忖度なしレビュー!モアサナイトは安っぽい?プロが出す結論!

モアサナイトの欠点は?メリット・デメリットまとめ【比較動画付き】

【厳選】エシカル志向の二人がまず見ておくべき結婚指輪・婚約指輪ブランド6選

リアルな口コミ!婚約指輪にモアサナイトはアリ?ナシ?

リアルな口コミ!モアサナイトとは?価値や評判、ブランド一覧まで徹底解説!

 

 

スポンサーリンク



-ジュエリーの基礎知識, ダイヤモンド

© 2022 ジュエリーを買う前の総合情報サイト Powered by AFFINGER5

今最も読まれている記事はこちら!
読む
今最も読まれている記事はこちら!
読む