ジュエリーの基礎知識

【一瞬でわかる】K18WGとは?K18WG=18金ホワイトゴールド|刻印・表記まとめ

↑上の画像見ただけで〝K18WGとは?〟をほぼ理解できるかと思いますが、

 

K18WGとは、18金ホワイトゴールドといって18金のホワイト色(銀色)のことをK18WGと刻印、表記します。

 

ほぼほぼこれで終わりなんですが、さらに詳しく知りたい方はこのまま読み進めていただければと思います!

 

この記事を書いた人

  • ジュエリーバイヤー歴10年
  • 元ジュエリーブランド店長
  • 販売接客1000名以上
  • Twitterフォロワー数32,000人以上

 

 

 

 

この記事で知れる内容(目次)

・1.K18WGとは〝18金ホワイトゴールド〟のこと

・2.K18(18金)とは〝75%が純金〟という意味

・3.K18WGの価値は?たった1gでも高額な高級金属!

・4.K18WGの特徴|シルバーやプラチナなど他金属との違いは?

・5.ジュエリー選びが捗る!刻印・表記の基本

・6.その他に覚えておくべきジュエリー用語・記号・刻印

・7.この記事のまとめ

 

 

 

 

スポンサーリンク

・1.K18WGとは〝18金ホワイトゴールド〟のこと

18金ホワイトゴールドとは簡単に言うと、

〝シルバー色の18金〟

という意味です。

K18WGの他にも〝K18YG〟と〝K18PG〟が存在していてそれぞれ以下のような意味を持ちます!

 

💎K18WG=18金ホワイトゴールド=シルバー色の18金

💎K18YG=18金イエローゴールド=金色の18金

💎K18PG=18金ピンクゴールド=ピンク色の18金

 

ポイント

💎K18WGとは18金ホワイトゴールドのこと

💎「WG」はホワイトゴールド、「YG」であればイエローゴールドを意味し色味を示している

 

 

 

 

・2.K18(18金)とは〝75%が純金〟という意味

そもそも18金ってなんなの?

金なのに〝ホワイトゴールド〟とか〝イエローゴールド〟とか、、金は〝金色〟でしょ?

 

18金とは〝75%が金〟で残りの〝25%は別の金属〟で出来た金の割合が高い高級な金属です。

 

18金のこの割合は、

高級感、耐久性、色合いなどバランスが良くもっともジュエリーに適した割合で世界的に広く使用されています。

 

ちなみに18金ピンクゴールドやホワイトゴールドは

純金75%:混合物25%の25%で色を変えてます!25%中、

💎銅を多くすればピンクゴールド

💎パラジウム+銀を多くすればホワイトゴールド

パラジウムは高騰しているので世の中のジュエリーがピンクとイエローは同じ値段なのにホワイトだけ高いという現象が起きてます

 

こちらは以前筆者がツイートしたものですが、簡単にまとめるとこんな感じです。

 

純金75%以外に〝25%の別の金属を混ぜる〟ことでWG(ホワイトゴールド)やPG(ピンクゴールド)に色を変えている

 

ということですね!

ちなみに金の表記をまとめると、、、

 

💎24金=純金

💎22金=91.7%が金

💎18金=75%が金

💎14金=58.5%が金

💎10金=42%が金

 

こんな感じで〝数値で金の割合がわかる〟ようになっています!

当たり前ですが、24金はほぼ他の金属が混ざっていない為〝そのままのゴールド色一択〟です!

 

 

 

ポイント

💎18金は〝75%が金〟で残りの〝25%別の金属

💎18金はもっともジュエリーに適した金属

 

 

 

 

・3.K18WGの価値は?たった1gでも高額な高級金属!

K18WGはすでに記事内でも書いている通り、

 

75%も金が入っているので価値が高く高額

 

です。

〝2022年10月10日現在は1g約6,770円

もします。

金相場は日によって変更するので最新情報はこちらでご確認ください

例えば一般的にジュエリーに多く使用されるシルバー(銀)と比べると、、、

 

💎18金=1g約6,770円

💎シルバー925(銀)=1g約86円

 

とかなりの差があります。

18金指輪やネックレスが高額で価値のあるものか一目でわかりますね!

 

K18WGはK18YGやK18PGよりも高い!?

近年では、

 

K18WG(18金ホワイトゴールド)だけが、K18YG(18金イエローゴールド)やK18PG(18金ピンクゴールド)に比べて価値が高い状態が続いています。

 

WG(ホワイトゴールド)は1グラム当たり約250円程度価格が高いです。

理由は簡単で、

〝K18WGに多く含まれるパラジウムも高騰しているため〟

です。

なんとパラジウムは現在純金よりも相場が高いです。

 

💎純金=1g約8,830円

💎パラジウム=1g約11,731円

※金相場は日々変動します

 

といった具合で、そんな高額なパラジウムをYGやPGよりも多く含むWG(ホワイトゴールド)だけが価格が高いのです。

実はみなさん意外に気付いていないですが、これは商品の価格にも顕著に表れています!

例えばカルティエを見てみましょう。

 

 

 

同じ商品の色違いである、ホワイトゴールドのほうが¥11,000値段が高くなっています。

 

ポイント

💎K18WGは高級で価値のある金属

💎希少金属パラジウムの影響によりWGだけがYGやPGに比べて価格が高い

 

 

 

 

スポンサーリンク

・4.K18WGの特徴|シルバーやプラチナなど他金属との違いは?

K18WG(18金ホワイトゴールド)のジュエリーは、シルバー(銀)やプラチナのジュエリーと見た目はほぼ同じだけど、、、なにか違うの?

 

実は結構違います!

まずは簡単ジュエリーとして多く使われるそれぞれの金属の特徴をまとめましたので見てみましょう!

 

💎K18WG
→1g約6,770円 多くの高級ジュエリーブランドが使用。条件によっては変色の可能性も

💎プラチナ950
→1g約4,320円 国内のブライダルブランドが多く使用。実は海外での人気は低め。かなり変色しにくい

💎シルバー925
→1g約86円 多くのファッションジュエリーブランドが使用。変色しやすい

 

まとめるとこんな感じです!

 

K18WG、プラチナ、シルバーの色、見た目の違い

あくまで参考にですが、一番右のK18WGだけが本来の色味は若干グレーがかった暗い色味です。

 

💎K18WG(左)→暗くグレーがかった色

💎プラチナ950(真ん中)→明るく白い銀色

💎シルバー925(右)→最も明るく白い銀色

 

3つの金属の色味を分けるとこんな感じです。

ただこれはそれぞれの地金本来の色味で、製品として加工する際は

〝ほとんどの場合表面にコーティングなどでそこまで大差なく色味を調整される〟

ので、消費者的にはあまり見た目は変わらないと思って大丈夫です!(一部拘り強い系のブランドだとシルバー本来の色を使用したブランドなどもあります)

詳しく知りたい方向けって感じの補足情報ですね。

 

ポイント

💎同じ色味の金属では18金が一番高く多くのブランドに使用される

💎地金本来の色味の差はあるが製品としてはコーティングで色味調整されるのでほぼ一緒と思って大丈夫

 

 

 

 

・5.ジュエリー選びが捗る!刻印・表記の基本

ジュエリーに刻まれる刻印には

 

ブランド名や個人的なメッセージ(結婚指輪に刻印する記念日など)・金属の品質

 

を表しています!

その中でも今回の〝K18WG〟みたいな刻印は金属の品質を表していて、

 

金属素材・金属の分量・色・加工法

 

を表しています!

では〝K18WG〟はどういう風に見ればいいのか?

 

K18YGとは

💎K(金)=金素材

💎18(75%純金)=金属の分量

💎WG(ホワイトゴールド)=色

 

といった具合です!

その他に例を出すなら〝K18GP〟というのもありますがこれはどうなのか?

 

K18GPとは

💎K(金)=金素材

💎18(75%純金)=金属の分量

💎GP(ゴールドプレーテッド:メッキ)=加工法

 

といった具合になり、

K18GP=18金をメッキした製品

ということになります!

 

ポイント

💎刻印は基本【金属素材・金属の分量・色・加工法】を表している

 

 

 

 

・6.その他に覚えておくべきジュエリー用語・記号・刻印

K18WGに関してはほぼ理解できたのではないでしょうか。

最後に、

〝基本として覚えておくと良い刻印や用語〟

もまとめておきます!

 

💎K18WG・YG・PG=18金ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド
→75%が金で出来た高級金属。世界中の高級ジュエリーに最も広く使われているジュエリーの代表的な金属

💎K14WG・YG・PG=14金ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド
→58.5%が金で出来た金属。欧米のジュエリーでは広く使われる。

💎K10WG・YG・PG=10金ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド
→42%が金で出来た金属。世界のファッションジュエリーに幅広く使われている。

💎750=18金
→18金の海外製品に使われる刻印。

💎Pt950・900=プラチナ950・900
→Ptはプラチナ、950や900などの数値はプラチナの割合で95%プラチナが950、90%プラチナが900表記

💎SV925=シルバー925
→SVはシルバー(銀)、925の数値はシルバーの割合で92.5%がシルバー。

💎K18GP=18金ゴールドプレーテッド
→真鍮やシルバー925などに18金メッキを施した製品。

💎K14GF=14金ゴールドフィルド
→真鍮やシルバー925などに14金で厚めにコーティングした製品。

 

今後のジュエリー選びや判断が捗るかと思いますので、いざという時のためにスクショでもして保存しておきましょう!

 

ポイント

💎基本ジュエリーやアクセサリーはこの8種類の金属や刻印のものが多いので覚えておこう!

 

 

 

 

・7.この記事のまとめ

はい!というわけで今回は、

K18WGとは?

ということでまとめました!

最後に簡単にまとめるとK18WGとは、、、

 

75%が金で出来たホワイトゴールド(シルバー色)の高級金属で世界中の高級ジュエリーに使用される価値が高い金属

 

といった感じです!

ご参考に!

 

 

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめ

【一瞬でわかる】K18PGとは?K18PG=18金ピンクゴールド|意味まとめ

【1分でわかる】K18YGとは?K18YG=18金イエローゴールド|刻印・表記まとめ

K18とは?〝意味と価値〟を徹底解説!

SV925(シルバー925)とは?〝意味と価値〟を徹底解説!

pt900とは?〝意味と価値〟を徹底解説!

 

 

スポンサーリンク



-ジュエリーの基礎知識

© 2022 ジュエリーを買う前の総合情報サイト Powered by AFFINGER5

今最も読まれている記事はこちら!
読む
今最も読まれている記事はこちら!
読む