ジュエリーケア ジュエリーの基礎知識 メンズジュエリー

【結論】シルバー925は錆びる?錆びない?長く愛用するためのガイド

結論から言うと、

〝シルバー925は基本的には錆びません〟

毎日着けたまま風呂に入っても錆びないです。

今回はジュエリー業界歴9年の筆者が〝シルバー925の錆び〟についてまとめていきます!

 

この記事を読むメリット

💎錆びという恐怖に怯えることなく今日から安眠が可能

💎シルバージュエリーを長く大事に使用できる

💎シルバー925以外の選択肢も知れる

 

この記事で知れる内容

・1.シルバー925は錆びる?

・2.シルバー925錆びと黒ずみの違い

・3.シルバー925の扱い!男女で微妙に違う考え方

・4.シルバー925の手入れ法

・5.手入れがめんどい、、、シルバー925以外の選択肢

・6.この記事のまとめ

 

 

 

スポンサーリンク

・1.シルバー925は錆びる?

冒頭で〝基本的には錆びない〟と言いましたが、、、

 

基本的に?じゃあ錆びることもあるの?

なんか錆びるともきいたことあるんだけど、、

 

正確に言うと、

 

シルバー925は錆びさせることもできますが錆びさせる方が全然むずい

 

です。

ですので普通に使ってれば錆びることはありません。

毎日着けたまま風呂に入っても石鹸やボディソープがついても錆びることはないです。

 

どのくらい錆びないの?

実は金属の錆びやすい、錆びにくいは数値として見れます!

金属は電子を放出していて、

〝電子の放出しやすい金属がさびにくい〟

です。

他の金属と比べるとこんな感じ!

 

金属 標準酸化還元電位(電子の放出)
金(ゴールド) 1.69
プラチナ 1.19
銀(シルバー) 0.80
銅(どう) 0.34
鉛(えん) -0.13
錫(すず) -0.14
-0.44

 

💎数値が高い=錆びにくい

💎数値が低い=錆びやすい

 

そういや錆びって鉄とか銅でよく見るなあ、、

 

そういうことです!

 

シルバー925は金やプラチナ同様ほぼ錆びない。

錆びに怯える必要はない。

 

 

 

 

・2.シルバー925錆びと黒ずみの違い

錆びたジュエリーって探すのも難しいくらいで参考画像がないんですが、こんな感じですよね。

錆びは、金属が〝酸化〟した状態で、茶色くガサガサした表面。

錆びると修復は困難です。

一方、黒ずみはこんな感じ!

左は最強にほったらかしにしたシルバーリング!で右が専用布で磨いた後です。

黒ずみは金属が〝硫化〟した状態で表面が単純に黒ずんでいますね。

黒ずんでも簡単に修復が可能です。

 

💎錆び=酸化。茶色くガサガサ。修復が困難

💎黒ずみ=硫化。表面が黒い。素人でも修復全然可能

 

 

 

 

・3.シルバー925の扱い!男女で微妙に違う考え方

錆びにビビる必要はないということはここまででわかりましたが、

シルバー925で気にするべきは〝黒ずみ〟です。

ただこの黒ずみの考え方もメンズとレディースで微妙に違っています。

 

💎メンズジュエリーの黒ずみ=いぶし銀と呼ばれ、味があって無骨な感じの雰囲気。デザインとして黒ずみが活きる場合もあり

💎レディースジュエリーの黒ずみ=基本的には黒ずみが活きること少ない

 

人によって考え方に違いはありますが、基本的にはこんな感じです。

レディースものや近年のものはシルバー925にロジウムメッキがかけられているものが多く、

黒ずみも比較的起こりにくいようになっているものが多いです。

 

メンズの黒ずみはデザインとして成り立ちやすいけど、

レディースの黒ずみはただ手入れされてないジュエリーと思われるかも

 

 

 

 

スポンサーリンク

・4.シルバー925の手入れ法

メンズは黒ずみが活きる!なんていっても真っ黒になったらさすがに汚ねぇだけです。

シルバー925などのシルバージュエリーは専用のクロスがあるのでそれで拭くのが一番簡単に黒ずみを除去でき綺麗に保つ方法です。

近年は、いぶし銀で黒ずみがあいわゆる〝男っぽい〟リングやネックレスよりも、

割とスマートでキレイ目なデザインのシルバージュエリーのほうが人気がありますしね。

布一枚で1分程度で綺麗にできるならたまにはササっと拭いてやるのがいいですね!

ちなみにクロスのリンクは業界者である筆者が実際につかっているものですのでご安心を。

 

シルバー925の手入れ法をさらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にどうぞ

》参考:【超簡単】シルバー925手入れ方法6選!黒ずみ落とし!今すぐできるものからプロ仕様まで!

 

 

 

 

・5.手入れがめんどい、、、シルバー925以外の選択肢

たまに拭けばいいとはいえシルバー925は

〝比較的黒ずみや劣化が起こりやすい素材〟

です。

たまに拭くのでさえめんどくさい!

なんて人には、シルバー925意外の選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

 

シルバー以外の手入れが少ない金属

💎18金ホワイトゴールド→高級ジュエリーブランドがメインで使用する高級金属。価値も価格も高い。

💎プラチナ→ブライダルジュエリーに良く使用される高級金属。メンズジュエリーとしての展開は少々少な目。価値も価格も高い。

💎サージカルステンレス→黒ずみが起こりにくい。硬くて傷も入りにくい上値段も安い。

💎シルバー1000→交じりっ気のない純度100%のシルバー。925より黒くなりにくい。

 

マメな手入れがめんどくさすぎて無理、、って人は上記の金属で探してみるといいですね!

 

 

 

 

・6.この記事のまとめ

はい!というわけで今回は、

シルバー925の錆びについてまとめました!

最後にこの記事をまとめると、、、

 

シルバー925は基本錆びません。毎日着けたままお風呂に入ろうが石鹸で手を洗おうが金やプラチナ同様、錆びはしません。

ただ、硫化して〝黒ずむことはある〟ので専用クロスでたまにササっと拭いてやるのが良い。

 

そんな感じです!

ご参考に!

 

この記事を読んだ人におすすめ!

【解決】シルバー925はつけっぱなしでOK?寝るときや入浴などまとめ

【超簡単】シルバー925手入れ方法6選!黒ずみ落とし!今すぐできるものからプロ仕様まで!

SV925(シルバー925)とは?〝意味と価値〟を徹底解説!

K18とは?〝意味と価値〟徹底解説!

【料金相場】指輪サイズ直しの料金と時間!お得にサイズ直しする方法とは?

 

 

 

スポンサーリンク



-ジュエリーケア, ジュエリーの基礎知識, メンズジュエリー

© 2021 ジュエリーを買う前の総合情報サイト Powered by AFFINGER5