パール・真珠

パールを買うならまずは見て!パールの種類とメリット、デメリット

 

今回はパールの種類を簡単に説明します。

この記事で知れる内容

・1.パールの種類

・2.それぞれのパールの良し悪し(シンプルに)

・3.種類毎の価格の差

・4.主な取り扱いブランド

 

1.パールの種類

天然のパールには大きくわけて3種類存在します。

淡水真珠

アコヤ真珠

南洋真珠

上記の3種類です。

 

 

 

簡単に説明すると比較的安価な値段で手に入る真珠です。

だからと言って粗悪品というわけではなく、

きちんと貝から採れる真珠です。

安価な理由ですが大きな理由は生産量です。

池蝶貝という大きな貝から1度に複数個採れます。

昔はおみやげパールなどとも呼ばれテリツヤも良くないものが多かったのですが、

最近では養殖の技術も上がり、かなり綺麗なテリツヤのものがあり、

アクセサリー、宝飾品にも幅広く使われています。

写真を見てわかるように、色や形も豊富です。

今ではティファニーなどでも取り扱いがあり、

淡水真珠に対する世の中の印象は変わってきています。

主に中国本土で生産されています。

 

比較的に高価な真珠です。

真珠のなかではもっともスタンダードで、

結婚式や喪の時に使われることが多い真珠です。

テリツヤは綺麗なものが多く、綺麗よりもテリツヤが強い!というのがしっくりくる表現かと思います。

綺麗な白の丸いパールが欲しい!という人はまず最初に見るべき真珠です。

世界的に有名な日本を代表するパールブランド、

MIKIMOTOの創業者、御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功し、日本国内、そして世界に認められていった真珠です。

主に日本の三重県で生産されており、

日本の質の高い真珠!といえばアコヤ真珠でまちがいないです。

 

 

アコヤ真珠同様高価な真珠です。

淡水やアコヤに比べかなり大きなパールが採れます。

テリツヤは綺麗ですが、アコヤのテリツヤが強いというよりはちょっと重厚感のある印象です。

格式があって大きくあきらかに高価なパールが欲しい!という方にはぴったりです。

生産は主にタヒチやオーストラリア、フィリピン、最近ではミャンマーでも採れるようです。

 

 

2.それぞれのパールの良し悪し(シンプルに) 3.種類毎の価格の差 4.主な取り扱いブランド

以下からは
それぞれのパールの良し悪し、種類毎の価格、主な取り扱いブランドをわかりやすくまとめてみます。

 

 

アコヤ真珠
◆良し
・綺麗でぴかぴかな輝き!
・価値が高い
・高級感がある
・可愛さがある

◆悪し
・こまめなケア、手入れが必要
・汗水に弱い
・10ミリ以上の大きな珠はほとんどなく、カラー、形も少ない

◆価格\25000-\400,000
※シンプルな1本のネックレス参考

◆主な取り扱いブランド
MIKIMOTO
パールといったらMIKIMOTO!といってもいいでしょう。
日本を代表するパールブランドです。

TASAKI
MIKIMOTOに並ぶ代表的なパールブランドです。
MIKIMOTOはクラシックなパールアイテムが多いですが、
こちらはデザイナーにファッションデザイナーを起用したりとかなり前衛的です。

MADAMA
京都発のパールジュエリーを取り扱うお店で、
百貨店での取り扱いのが多く現在ではパールブランドではMIKIMOTO、
TASAKIの次くらいに有名といった印象でしょうか。

 

 

 

 

南洋真珠
◆良し
・きれいで重厚な輝き
・価値が高い
・高級感がある
・きれいな大珠がある
・上品さがある

◆悪し
・アコヤほどではないが手入れが必要
・汗水に弱い
・グレードの低いものと高いもので大きな差がある

◆価格\50,000-\2,000,000
※シンプルな1本のネックレス参考

 

◆主な取り扱いブランド
清美堂真珠
業界では有名ですが、一般にはあまり知られてはいないのではないでしょうか?
卸業が基本ですが、百貨店で取り扱いがあるのと、地域一番店といわれるような、
ジュエリーの専門店であれば取り扱っていることもあるようです。
世界的有名ブランドもこちらにパールを仕入れに来ることもあるくらい品質は最高級です。

GENERAL PEARL
こちらはブランドというよりはショップですが、南洋真珠の取り扱いも多いです。
運営がもともと卸業をやっていたこともあり、良い品質のものを格安とまでは行きませんが、
比較的手に入りやすい価格です。

KOSUI 
南洋真珠の取り扱いも多く力を入れている印象です。
主に百貨店での取り扱いですが、日本一ジュエリー産業が盛んな山梨県甲府市の会社が運営なので、
パール以外にもさまざまなジュエリーを取り扱っています。

 

 

 

 

淡水真珠
◆良し
・大きさや、カラー、形が豊富
・値段が安価
・真珠層が厚く汗水に強く丈夫
・かしこまり過ぎずファッションに溶け込みやすい

◆悪し
・テリツヤが良くないものも多い
・重量があり重い

◆価格\6000-\130,000
※シンプルな1本のネックレス参考

◆主な取り扱いブランド
COUGUE
淡水真珠をメインで取り扱っているブランドといったらこちらくらいかと思います。
淡水真珠の中でもかなり上質なものをそろえており、特にバロックパールは大きさやカラー長さなど、
幅広く対応しています。

真珠の卸屋さん
こちらはブランドというよりは真珠専門店ですが、
幅広いニーズに対応しております。冠婚葬祭や嫁入り道具として必要!みたいな感じであれば、
商品数も多いのでおすすめです。
ショップの名前からしてもたくさんありそうな印象ですよね。笑

 

 

いかがでしたでしょうか?
パールについては専門で現地や生産地に仕入れに行っていたので、
もっと熱く詳しく語れるのですが、
あまりにも長くなりそうなんで今回は簡単に説明させていただきました。
(これでも結構長いですよね。笑)

ご参考に!

スポンサーリンク



-パール・真珠

© 2022 ジュエリーを買う前の総合情報サイト Powered by AFFINGER5

今最も読まれている記事はこちら!
読む
今最も読まれている記事はこちら!
読む